ゴルゴ13がメインで使用する銃器類まとめ

国籍,本名,年齢等が一切不明の超A級狙撃手・ゴルゴ13(デューク 東郷)が漫画の中でメインで使用する銃器類のまとめです。簡易的に使用するものは省略しております。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
3911view
お気に入りに追加

ゴルゴ13とは?

成功率99%の世界No.1スナイパー ゴルゴ13

成功率99%の世界No.1スナイパー ゴルゴ13

『ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の漫画作品。超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画作品。1968年11月、小学館『ビッグコミック』誌で連載を開始し、現在も同誌に連載中。リイド社の単行本は2014年12月現在175巻を数える。
(参照)wikipedia

M16(連載初期に使用)

M14に変わり先行投入された初期型M16A1をブローバック、そして排莢のEBB(ELECTRIC BLOW BACK)で再現。
レシーバーを除く外装パーツは従来型M4電動ガン用と互換性があるのでカスタマイズの幅が広がります。最終弾発射後、ボルトが後退し作動がストップするなど射撃手順も実銃通りとなっています。
薬莢にBB弾を装填し、発射前に手動でチャージングハンドルを引き初弾を装填。カートをマガジンに1発づつ装填、BB弾を発射後、排莢口から薬莢を排出し、次の薬莢を装填といった実銃さながらのアクションを電動で楽しめます。

角型のフォアードアシストノブ、スチール製チューリップハイダー、マガジンハウジング部の刻印や、初期型の特徴であるネジを外して脱着するタイプのバットプレート、マガジンキャッチ周辺リブ&ケースディフレクターのないレシーバーなど、実銃に限りなく近い再現となっています。
映画「地獄の黙示録」「プラトーン」「ハンバーガー・ヒル」「フルメタル・ジャケット」等の映画の世界を味わえます。
バッテリーが切れた状態でも手動でコッキングして発射を継続することも可能。マガジンはべトナム戦初期に合わせ20連タイプのショートマガジンを標準装備。

M16A1(200話を超えたあたりから使用)

1960年にアメリカ空軍に採用されたM16は、1967年にはアメリカ陸軍にも採用されることとなり、1975年まで続いたベトナム戦争中にも様々な改良が施されていきました。
東 京マルイでは、熱帯ジャングルでの激戦をくぐりぬけたM16ベトナムバージョンを電動ガン スタンダードタイプとしてラインナップ。改良を重ね、各国の軍や警察から優秀なアサルトライフルとして評価をうけることとなったM16の進化の過程を感じ ることができるモデルとなっています。

M16A2(300話を超えたあたりから使用)

1960年にアメリカ軍に採用されたAR15、制式採用名M16は、数々の実戦データを常に反映したバージョンアップを行ってきました。M16ベトナム バージョンやXM177などM16にとっての試練の時期を重ねるうち、1967年に登場したM16A1の完成度は極めて高く、間もなくアメリカ軍全軍に採 用されることとなります。
M16A2ではデザインこそA1と同じものの、NATOの統一弾変更にともなって内部メカニズムや強度向上について全く 別モノと言えるほどの大幅な変更がされました。戦闘となる状況の変化や弾薬の進化に合わせ、それまで積み重ねたデータと現役の精鋭達の声をもとに、M16 は現在も進化やバリエーション展開を続けているのです。

S&W M36 チーフスペシャル

S&W M36は、アメリカのスミス&ウェッソン社が1950年に開発した小型回転式拳銃である。一般には「チーフ(ス)・スペシャル」、「チーフス」、「チーフ」の名で知られる。

「チーフ」は警察署長の事。登場以来、小型(短銃身)リボルバーの代名詞であり[1]、半世紀たった今でも、隠し持てる小型拳銃として絶大なる支持を得ている。
M36の特徴は、警察用拳銃として携行性の向上を図るために装弾数が一般的なリボルバーの6発よりも少ない5発ということである。これによって、通常の6連装リボルバーより小型化に成功し、警察官が常に携えたり、いざという時に使用するに適したサイズと軽さになった。また、小型化のおかげでバックアップ用として使われることもあった。このため、S&W社以外の世界各国の銃器メーカーがコピーモデルや類似製品を製造している。
また、M36はアメリカにおいては女性の護身用として使用されることも多かった。そのため女性向けモデルとして、装飾を施した「M36 Lady Smith」も製造された。用心鉄のすぐ上に"Lady Smith"の筆記体刻印がされ、グリップはオリジナルモデルと異なりローズウッドが使われている。
架空の探偵フィリップ・マーロウがこの銃を使っていた事でも知られる。

M203 グレネードランチャー

M203グレネードランチャー

※作品ではM16に装備して使用。
M203 グレネードランチャーは、主にM16アサルトライフルやM4カービンに装着される40mm擲弾発射器である。銃身下に装着されるほか、ピストルグリップとストックとサイトを装着して単体(Stand-Alone)でも使用可能である。単発、後装、施条有の擲弾発射器で、装填はアルミニウム製の銃身を前方にスライドさせて行う。対応弾種は40x46mmグレネード弾で、榴弾、発煙弾、照明弾、散弾、催涙弾(CSガス)、演習弾がある。照準は、至近距離ではハンドガード上に装着されたリーフサイトで、400mまでの射撃ではキャリングハンドル横に装着されたクアドラントサイトで行う。

ワルサー シリーズ

ワルサー P38

ルパン三世の愛用銃としても有名。
ワルサーP38(独: Walther P38)は、ドイツの銃器メーカーであるカール・ワルサー(カール・ヴァルター:Carl Walther)社が開発した軍用自動式拳銃である。第二次世界大戦中にはドイツ陸軍に制式採用されている。
原型は1934年頃から開発が進められ、1937年に「ワルサーHP」の名称で完成した。翌1938年に制式採用され、P38の名称が与えられた。それまで30年以上にわたりドイツ軍制式拳銃であったルガーP08に代わる存在であったが、実際には完全置き換えまでには至らなかった。
弾薬は、9x19mmパラベラム弾を使用する。装弾数は単列マガジンによる8+1発で、特殊なロングマガジンも存在する。7.65mm弾仕様も少数生産された。
ドイツ語では、「Walther=ヴァルター」「P=ペー」「38(achtunddreißig)=アハト・ウント・ドライスィヒ」と発音する。日本語の呼称は英語の発音「ウォルサー・ピー・サーティーエイト」を変形した呼び方である。

関連するまとめ

目撃情報あり!芸能人と遭遇する確率が高いサバゲーフィールドはどこ?

芸能人目撃!サバゲーフィールドに集まるサバゲー好き芸能人、有名人。実はこんな人もサバゲーマニア?

源太郎 / 1553 view

関東のサバゲーはココ!千葉県のサバゲーフィールドまとめ その3

屋内フィールドから大規模フィールドまで、千葉でサバゲーするなら見ておきたいフィールドをまとめました。

源太郎 / 391 view

関東のサバゲーはココ!千葉県のサバゲーフィールドまとめ その1

サバゲーフィールドが無数にある千葉県のおすすめサバゲーフィールドのご紹介。

源太郎 / 521 view

関連するキーワード

このまとめをシェア!

藤村

甘いもの大好き藤やんです。

soto.jpをフォロー!

SNSやRSSでsoto.jpを購読!

はてな Twitter Facebook Google+ rss feedly

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

注目のまとめ

編集部おすすめのまとめ